TG ANSHIN・ANZEN 薬液加熱ヒーターの安全について

薬液加熱ヒーターは 「安全性」と「耐久性」の保持のために
用途に適切なモデルの選択 正しい設置と使用 安全な電気環境 保守点検・保全 が重要です
安心安全の基本概念
運用・保守 現場での操作や取扱・保守点検・保全等での安全管理
製品の選択 用途に適切なモデル(ヒーター・温調器等)選択による安全管理
装置・施設 運用の安全要件を満たす安全設計・計画・施工等による安全確保
安全の基盤:安全ポリシー
安心安全の本質は、安全設計を土台から積み上げることです。
基盤(下の階)が脆弱な状態では安心安全(建物)は成り立ちません。
ユーザー様による安全対策のご提案

[Powerpoint資料] 小火(ボヤ)・火災を起こさないために

» TG安心安全液加熱マネージメントシステム «
危険を検知して自動停止・液加熱を安全にマネージメント
「用途に適切なモデルの選択」について

液加熱電気ヒーターは、水や(化学)薬液の加熱・保温を行いますが、 用途に合わない使用や誤った取り扱いは製品の耐久性を低下させるだけでなく、 事故(ぼや・火災など)に至るおそれがありますので 用途に適切なモデルの選択 が必要です。

■ 新世代商品スタンダード品の使用条件 ■
  1. 谷口ヒーターズの液加熱ヒーターは、 工業用表面処理や半導体製造、メッキ加工、塗装などの工程で使用する槽の 水または(化学)薬液を加熱・保温するために用いられる電気ヒーターです。
  2. 屋内使用の一般処理槽(上部開放型で、ミスト・ガスが溜まらない)の 単体もしくは連続ラインの一つ一つの槽で使用するもので、 熱交換器、循環槽や槽の上部を密閉して排気・冷却装置をつけている槽などの特別処理槽、 および、超音波発振器等の振動が加わる槽は使用条件外です。
  3. 使用薬液の比重が1.1以下であることが条件であり、 モデル毎の使用上限液温度以下で使用してください。
  4. 引火性溶液には使用できません
  5. 人体や生物への直接・間接的な(例えば入浴中)加熱は、 感電のおそれがあるため使用禁止しています。
  6. 原子燃料に関連する設備や航空機・電車の部品などへの使用を禁止しています。
※ 上記 1. 2. 3. の使用条件外の用途の場合は特別設計品にて承ります。 お問合せください
モデル選択のポイント
モデルのタイプ 槽の大きさや材質・ほかの機器との配置関係など、様々な使用に適するタイプ(防水投込・潜水・槽横挿入など)があります。
外管の種類 ご使用の薬液の酸性・アルカリ性の度合(pH値)や、 薬液の性質(比重など)に適切なヒーター外管の種類があります。
  → 《薬液加熱ヒーターの耐薬目安》をご覧ください。
電圧仕様 仕向先国・地域によって仕様が異なりますのでご確認ください。
  → 《日本国内向と海外向ヒーターの電圧について》をご覧ください。
液の温度 各モデル毎の取扱説明書およびカタログに記載されている 使用液温度範囲内でご使用ください。
電気容量 適切な電気容量(定格電力)をご選定ください。
モデル選択についてのご相談は TG CONTACT から お問い合わせください。
TG CONTACTの「モデル選択のご相談」にて 提示可能な項目を記入・チェックして送信いただければ
推奨モデルをご案内いたします。
薬液加熱ヒーターの耐薬目安
ヒーター名 耐 薬 参 考
フッ素樹脂(PTFE)パネル10mm厚
ヒートフロン
強酸・強アルカリ・純水向。
金めっき浴・銀めっき浴・半田浴・クローム浴・化研浴・フッ化浴・リン酸浴、無電解、硝酸・塩酸・硫酸・純水・超純水等の半導体生産・表面処理ラインに最良。ガス透過性が低いため、フッ酸や王水へのご採用が多い。
フッ素樹脂(PFA)被覆1mm厚
潜水UU・フロン
強酸・アルカリ・純水向。
金めっき浴・銀めっき浴・半田浴・クローム浴・化学ニッケル浴・ピロリン酸銅浴・化研浴・フッ化浴・リン酸浴・エッチング浴、ロジウム浴、無電解、硝酸・塩酸・硫酸・純水・超純水等の半導体生産・表面処理ラインに採用多数。
  • フッ酸や王水などガス透過性のある強酸、比重の高い薬液、液温90℃以上での使用については、ご相談ください。
フッ素樹脂(4・6フッ化)コート300μm厚
タニフロン
一部の酸〜弱酸・水向
  • 適用する酸についてはご相談ください。
フッ素樹脂(PTFE)チューブ0.5mm厚
テフチューブ
弱酸・水向
  • 強酸・強アルカリ・アルカリ液は適用外です。
不透明石英 Iクラス
キャップレス潜水キャップレス防水
石英ヒーター
弱酸向。
半光沢ニッケル浴・光沢ニッケル浴・硫酸銅浴 等
  • クローム浴は適用外です。
  • 強酸(塩酸・硝酸・硫酸・リン酸等)、フッ酸、フッ化物含有液(例:添加物入りクローム液等)は適用外です。
SUS316L・#600研磨仕上げ
キャップレス潜水キャップレス防水
タニペット槽横挿入

ステンレスヒーター
弱アルカリ〜水向。
アルカリ脱脂浴・銅めっき浴・銅ストライク浴・苛性ソーダ10%希釈液等まで(比重の高い苛性ソーダは特別設計またはUU・フロンで対応します。)
  • 化研浴は適用外です。
  • 弱酸・強酸・フッ酸・フッ化物含有液(例:添加物入りクローム液等)は適用外です。
JIS・TTP340M
キャップレス潜水キャップレス防水
槽横挿入

チタンヒーター
一部の弱酸・海水向。
  • 半光沢ニッケル浴・塩化第二鉄浴に使われることがありますが、耐蝕については薬品の専門家とご相談ください。
  • 一般の弱酸・強酸・フッ酸・フッ化物含有液(例:添加物入りクローム液等)は適用外です。
超小型・高容量・純水・弱酸向
薬液のpH・比重・濃度・粘度の高さ、 混合液、添加剤の種類、量、液温度など(各モデルのカタログに記載されています)によって 耐薬性は変わりますので、耐薬の保証はできません。 上記は当社の耐薬基準(比重1.1MAX)による目安です。ヒーター選択のご参考にしてください。 不明の場合はご相談ください。
耐薬についてのご相談は TG CONTACT から お問い合わせください。
「正しい設置と使用」について
厳守 基本的な使用条件を守る 厳守 安全な電気環境での使用
厳守 用途に適切なモデルの選択 厳守 アース接地の実施
厳守 正しい設置とていねいな取扱い 厳守 保守点検・保全の実施
  • 薬液加熱ヒーターは液に浸漬させて使用しますので、 液性(pH=酸性・アルカリ性の度合い)により使用可能なヒーター管の材質が異なります。 薬液に対するヒーター材質の選択が不適切な場合、ヒーター管・チューブ等に腐蝕・溶融・硬化・亀裂などの破損が生じ、 ヒーターの絶縁不良や漏電等の事故の原因になります。
  • 使用電圧によってヒーターの発生熱量が大きく変動します。 当社ヒーターに表示されている定格電圧(110V・220V等)を厳守してください。 定格と異なる電圧で使用すると火災の原因となり大変危険です。
  • 加熱する液の比重・比熱や添加物の種類などの影響で液の対流が起こりにくい等の状態で使用すると、 ヒーターの放熱が著しく阻害されて過熱状態となってしまい、漏電や火災の原因になることがあります。 また、加熱する液を強制循環させたり、超音波による振動がヒーターに加わると、 故障や感電の危険が生じることがあります。 特別な条件で使用する場合など ヒーターの選択に関してご不明な点がございましたら、当社にご相談ください
警告
禁止 空炊き厳禁 禁止 放熱不良・過熱状態での使用厳禁
禁止 生物・人体への使用厳禁 禁止 素手でヒーターに触らないこと
禁止 故障・劣化状態での使用禁止 禁止 引火性の溶液・ガス環境での使用厳禁
禁止
ヒーターの発熱部同士の接触厳禁
対流を妨げる配置厳禁
熱干渉する配置厳禁
禁止 ヒーターの発熱部と液以外の物体との接触厳禁
ヒーターと槽壁・底は必ず30mm(対流が良い場合は15mm)以上離してください。
純正外の樹脂被覆金属線を発熱部に巻き付ける等は部分過熱が発生し危険です。
禁止 高湿度・粉塵環境での使用禁止
禁止 圧力容器への使用禁止
禁止 無断で改造・分解・手直し・修理の禁止
無断での改造・修理などは製品の性能・品質・安全性を損なう恐れがあり危険です。
  • 薬液加熱ヒーターを通電したままヒーターを槽から出したり、槽外に放置したりしないでください
  • 通電していなくても、電源をOFFにしてからしばらくはヒーターに予熱が残っているため、 通電停止後すぐにヒーターを槽から出さないでください。 電源OFF後、20分以上はヒーターを液中に留めておいてください
  • ストレート投込型ヒーターを斜めや横向きに取り付けたり、 L型ヒーターを縦L型の向きで取り付けたりなど、 製品の仕様と異なる設置を行わないでください
  • 槽にヒーターを取り付ける際は、 槽からの液漏れや、 ヒーターのレベルラインより下部分が液から露出することの無いようにご留意ください
  • 各製品毎の使用条件を遵守し、使用条件を逸脱する使い方は絶対にしないでください
  • 薬液加熱ヒーターの外管に埃・液・ミスト・ガス等が付着したまま放置したり、 スケールやスラッジが固着してしまうと、ヒーターの放熱が妨げられ故障の原因になりますので、 定期的にヒーターの状況を確認して清掃してください。 また、槽やヒーターだけでなく、電気環境についても定期点検を行ってください
詳細は各モデル毎の「取扱説明書」および「使用上および安全上のご注意」をご確認ください。
使用についてのご相談は TG CONTACT から お問い合わせください。
安全な電気環境について
  • ヒーター1本毎に1セットの過電流遮断器(ヒューズ)を必ず設置し、また、適切な漏電ブレーカーもヒーター1本毎に1台(少なくともヒーター2〜3本毎に1台)を設置してください。
  • ヒーターに合わせた過電流遮断器(ヒューズ)及び漏電ブレーカーの選定だけでなく、これらの安全・的確な配置を行い、また、引火性物質・高湿度・埃や粉塵などがヒーターや電気系統に影響を及ぼすことがないように、安全な環境を整備することが重要です。
  • 万一の事故防止のために、ヒーターだけでなく、槽および設備にもアース接地することは安全管理の上で大切です。日本ではほとんど行われておりませんが、電気を使用する機器と併設するものにもアース接地をお勧めします。
日本国内向と海外向ヒーターの電圧について
日本国内向ヒーターについて

日本の電源供給は工業基準で公称電圧+10%迄の変動が許容されていますので、 谷口ヒーターズでは公称電圧200Vのヒーターは3相220Vを、 公称電圧100Vは単相110Vを定格電圧としてヒーターの電力設計をしています。

海外の電源事情と海外でのヒーターの使用について

3相380V以上の高電圧が使用されている国へ、 日本国内で使用している当社のヒーター(定格電圧220V)を移管して使用することは基本的に禁止しています。 (品質保証対象外となります。) なぜなら、日本国内は安定した電源供給環境下にありますが、 海外には電圧の変動幅が大きく不安定な電源供給の地域があり、 現地の高電圧を変圧器によって日本の公称電圧に合わせても、 ヒーターに対しては製品の定格電力以上の電熱が生じる場合があり、 ヒーターの故障や危険を伴うこともあるからです。 海外で当社のヒーターをお使いになる場合は、必ず変圧用海外向ヒーターまたは、 現地電圧を直接使用する海外向ヒーターをお使いください。

海外向ヒーター(現地電圧直接使用)について

世界の電源供給は単相230V・240V等、高電圧では3相380V・400V・415V・480V等があります。 谷口ヒーターズでは先に述べた海外の電源事情を考慮して、 公称電圧380Vの地域を仕向け先としたヒーターは公称電圧400V仕様に統一しています。 それ以外の高電圧の地域に対しては、それぞれに対応した製品を製造しています。 海外向ヒーターをお求めの際は、必ず現地の電源事情をご確認の上、当社にご指示ください。

谷口ヒーターズは、「耐久性」と「安全性」を重視して、 定格電力を超える使用を禁止しています。

電圧についてのご相談は TG CONTACT から お問い合わせください。