薬液加熱ヒーターは 「安全性」と「耐久性」の保持のために
用途に適切なモデルの選択 正しい設置と使用 安全な電気環境 保守点検・保全 が重要です

液加熱ヒーターは、水や(化学)薬液の中で電気を通して液の加熱・保温を行いますが、 用途に合わない使用や誤った取り扱いは製品の耐久性を低下させるだけでなく、 事故(ぼや・火災など)に至るおそれがありますので 用途に適切なモデルの選択 が必要になります。

モデル選択のポイント
モデルのタイプ 槽の大きさ・材質・ほかの機器との配置関係など、様々な使用に適するタイプ(防水投込・潜水・槽横挿入など)があります。
外管の種類 ご使用の薬液の酸性・アルカリ性の度合(pH値)や、 薬液の性質(比重など)に適切なヒーター外管の種類があります。
  »薬液加熱ヒーターの耐薬目安をご覧ください。
電圧仕様 仕向先国・地域によって仕様が異なりますのでご確認ください。
  »日本国内向と海外向ヒーター(電圧)についてをご覧ください。
液の温度 各モデル毎の取扱説明書およびカタログに記載されている 使用液温度範囲内でご使用ください。
電気容量 適切な電気容量(電力定格)をご選定ください。
モデル選択についてのご相談は TG CONTACT から お問い合わせください。
TG CONTACTの「モデル選択のご相談」にて 提示可能な項目を記入・チェックして送信いただければ
推奨モデルをご案内いたします。
薬液加熱ヒーターの耐薬目安
ヒーター名 耐 薬 参 考
フッ素樹脂(PTFE)パネル10mm厚
ヒートフロン
強酸・強アルカリ・純水向。
金めっき浴・銀めっき浴・半田浴・クローム浴・化研浴・フッ化浴・リン酸浴、無電解、硝酸・塩酸・硫酸・純水・超純水等の半導体生産・表面処理ラインに最良。ガス透過性が低いため、フッ酸や王水へのご採用が多い。
フッ素樹脂(PFA)被覆1mm厚
潜水UU・フロン
強酸・アルカリ・純水向。
金めっき浴・銀めっき浴・半田浴・クローム浴・化研浴・フッ化浴・リン酸浴・エッチング浴、ロジウム浴、無電解、硝酸・塩酸・硫酸・純水・超純水等の半導体生産・表面処理ラインに採用多数。
※フッ酸や王水などガス透過性のある強酸、比重の高い薬液、
   高い液温での使用については、ご相談ください。
フッ素樹脂(4・6フッ化)コート300μm厚
タニフロン
一部の酸〜弱酸・水向
※適用する酸についてはご相談ください。
フッ素樹脂(PTFE)チューブ0.5mm厚
テフチューブ
弱酸・水向
※強酸・強アルカリ・アルカリ液は適用外です。
キャップレス潜水/キャップレス防水
石英ヒーター
弱酸向。
半光沢ニッケル浴・光沢ニッケル浴・化学ニッケル浴・ピロリン酸銅浴・硫酸銅浴 等
※クローム浴は適用外です。
キャップレス潜水/キャップレス防水
/タニペット槽横挿入

ステンレスヒーター
弱アルカリ〜水向。
脱脂浴・銅めっき浴・銅ストライク浴・電解浴・銀めっき浴・苛性ソーダ10%希釈液まで等(比重の高い苛性ソーダは特別設計またはUU・フロンで対応します。)
キャップレス潜水/キャップレス防水
/槽横挿入

チタンヒーター
一部の弱酸・海水向。
※半光沢ニッケル浴・塩化第二鉄浴に使われることがあります
   が、耐蝕については薬品の専門家とご相談ください。
※還元性酸(塩酸・燐酸・蓚酸等)、
   フッ化物含有液(例:添加物入りクローム液等)は適用外です。
セラミックスヒーター
超小型・高容量・純水・弱酸向
液温度、薬液のpH・比重・濃度・粘度の高さ、混合液、添加剤の種類、量などによって 耐薬性は変わりますので、耐薬の保証はできません。 上記は当社の耐薬基準(比重1.1MAX)による目安です。ヒーター選択のご参考にしてください。 不明の場合はご相談ください。
耐薬についてのご相談は TG CONTACT から お問い合わせください。
「正しい設置と使用」について
厳守 基本的な使用条件を守る 厳守 安全な電気環境での使用
厳守 用途に適切なモデルの選択 厳守 アース設置の実施
厳守 正しい設置とていねいな取扱い 厳守 保守点検・保全の実施
警告
禁止 空炊き厳禁 禁止 放熱不良・過熱状態での使用厳禁
禁止 生物・人体への使用厳禁 禁止 素手でヒーターに触らないこと
禁止 故障・劣化状態での使用禁止 禁止 引火性の溶液・ガス環境での使用厳禁
禁止 ヒーターの発熱部と液以外の物体との接触厳禁
樹脂被覆の金属線を巻き付ける等は部分過熱が発生して危険です。
詳細は各モデル毎の取扱説明書、「使用上および安全上のご注意」でご確認ください。
使用についてのご相談は TG CONTACT から お問い合わせください。
日本国内向ヒーターについて

日本の電源供給は工業基準で公称電圧+10%迄の変動が許容されていますので、 谷口ヒーターズでは公称電圧200Vのヒーターは3相220Vを、 公称電圧100Vは単相110Vを定格電圧としてヒーターの電力設計をしています。

海外の電源事情と海外でのヒーターの使用について

3相380V以上の高電圧が使用されている国へ、 日本国内で使用している当社のヒーター(定格電圧220V)を移管して使用することは基本的に禁止しています。 なぜなら、日本国内は安定した電源供給環境下にありますが、 海外には電圧の変動幅が大きく不安定な電源供給の地域があり、 現地の高電圧を変圧器によって日本の公称電圧に合わせても、 ヒーターに対しては製品の定格電力以上の電熱が生じる場合があり、 ヒーターの故障や危険を伴うこともあるからです。 海外で当社のヒーターをお使いになる場合は、必ず変圧用海外向ヒーターまたは、 現地電圧を直接使用する海外向ヒーターをお使いください。

海外向ヒーター(現地電圧直接使用)について

世界の電源供給は単相230V・240V等、高電圧では3相380V・400V・415V・480V等があります。 谷口ヒーターズでは先に述べた海外の電源事情を考慮して、 公称電圧380Vの地域を仕向け先としたヒーターは公称電圧400V仕様に統一しています。 それ以外の高電圧の地域に対しては、それぞれに対応した製品を製造しています。 海外向ヒーターをお求めの際は、必ず現地の電源事情をご確認の上、当社にご指示ください。

谷口ヒーターズは、「耐久性」と「安全性」を重視して、 定格電力を超える使用を禁止しています。

電圧についてのご相談は TG CONTACT から お問い合わせください。